徒然なる垢樽人生 赤ソロ理論 2007/01/04

徒然なる垢樽人生

最近は格闘技(カポエイラ&キックボクシング)にハマってます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤ソロ理論 2007/01/04

~戦闘を始める前に~
1:前書き

赤ソロも今ではかなりメジャーになり挑戦している人も増えました。動画も今では珍しい物では無くなり、随所で
UPされています。しかし動画は数学の問題で言えば模範解答を提示してはいるものの、まだ余り赤ソロに慣れて
無い人だと本質的な部分までは汲み取れないかもしれません。勿論これを見れば何でも分かる!なんて事は
有り得ませんが、少しでも赤ソロをやる上での心構え的な部分が分かれば幸いです。ちなみに過去に書いた赤ソロ
理論を1つにまとめて所々削除や付け足ししただけなので、既に読まれた方にとっては無駄に長いだけの記事です(汗)


2:心構え
赤ソロに興味がある人でも大半はネットで神赤等の動画を必死にDLしても見るだけで終わってそうですが

まずは一度やってみる

事が重要です。自分は神赤と同じサーバに在籍してるのもあってかなり前から存在を知っていて、神赤のHPのアクセス数が
まだ2桁位の時から神赤のHPを見てました。その頃は動画は無かったけど戦法自体は動画見なくても想像がついたのでそれ
を見て刺激を受けて自分も色々挑戦しては死んだりしてました。そこらの雑魚相手ならまだしも、75でも大抵はPTで挑む級の
NMをソロでやるとなると実際に自分でやってみないと分からない部分が多いです。仮に神赤等の動画を見て戦い方のコツを
掴んだつもりになっても実際にやったら全然想定通りにはいかないでしょう。理由は簡単

装備や能力(純粋にキャラのステータスや本人のPスキル)が違うから

です。何を当たり前の事を、と思うかもしれませんがこれはかなり大きい要素です。仮に俺と神赤の場合とで検証してみます。
まずは装備ですが神赤はダルマティカ+デュエルシャポーのセットを愛用しています、というか常備しています。
神赤は初期の段階で免罪やAF2をコンプしてた人なので上記の2個は所持していて当然でしょう。俺はAF2は0個、免罪も
ゼニスミトンしか有りません。ここでどういう差が出るかというと

倒すまでに使えるMPの量に大きな差が出る

普段経験値パーティばかりしてて最大MPは意味が無いだのリフレあればMPは無くならないと思ってる人は余り実感出来
ない事でしょう。ソロで戦う以上は誰もリフレバラはくれません。当然自力でかける事になる訳ですがヘイストファラスキン
ケアル等の必須魔法を使う事によってMPはあっという間に無くなっていきます。コンバートリキャまでに蝉張替えミスから
被弾して一気に体力を削られケアルIVや強化かけ直し等をしたらすぐにMPが無くなった!なんて事もあります。
しかも大抵の赤ソロNMは相手が強ければ強い程長期戦になりがちです。30分から1時間、下手すれば2~3時間かかる
場合もあります。そんな時にダルマかデュエルシャポーを持っていると
3秒で1→1分で20→1時間で1200 ものMPが生まれてくるんです。しかも装備してるだけでいいのでノーコストです。
両方持っていれば1時間で2400ものMPアドバンテージになる訳で、それだけのMPがあれば当然単位時間当たりに撃てる
精霊の数も増えるので殲滅が早くなるし、コンバートを温存しておく事も可能になります。俺と神赤が倒すのに1時間前後
かかる同じNMをやったとしたらMP差が2400ついてる様なものだと思って構わないでしょう。

3:廃装備は必要か!?

しかしそれらが無くても神赤がやってる様な最上級クラスで無ければ大抵の敵はどうにかなります。実際両方とも持って
ない垢樽でも全部とはいかないまでも、神赤が倒したNMの大半を倒せてる訳です。高額装備なども実戦においては

あれば便利だけど不可能が可能になる訳じゃない

装備ばかりなのが現状です。実際背装備は実戦ではグラマリーケープ(魔法命中+1)なんかつけたりしてます。ただし
各種属性杖HQ、スピードベルトは無くても倒せるけどあった方が確実に勝率は上がります。
値段はかなり高いのでそんなの買えない!という人も居るでしょうが

金策すら出来ないのにソロで強力なNMに勝とうという考えが間違ってる

と思って素直に金策して下さい。別に勝とうと思うのは個人の勝手ですが、PTで倒せばいいNMをわざわざ自己満足
の為にソロで倒しにいく訳であって、貴方がそのNMをソロで倒せないからといって誰も困らないし得もしないでしょう。
冷たい言い方ですが結局は自己満足な以上は自分でどうにかするしかありません。嫌なら諦めるか今の自分の装備
のまま腕前を磨いて倒すしか無いのが現実なのです。勿論NM毎にあったら楽になる装備は色々あるでしょうが大抵
赤ソロの戦法といえばエン削りかマラソンなのでそこまで大差無いです。ソロNM戦は戦う前から勝負は始まっています。

またダルマ、デュエルと並んでよく話題に出るクリム脚ですが、これも無くても問題ないでしょう。勿論あればマラソンが
楽になるのは確実ですが、神赤がやってる様な上級NMに限らずある程度強いNMは引き寄せがあったり、元々の移動
速度が速すぎてクリム脚があった所で追い付かれるのがほとんどだからです。更に十分にマラソンするスペースが
無かったりする場合もあるのでクリム脚でのスリップマラソンが有効に活かせるのは脚の速度が普通な雑魚や、アク
エリアスの様な今となっては雑魚に毛が生えた様なNMの場合が多いです。勿論引き寄せが無くて足も遅くてマラソン
スペースも十分あるならどんなに強いNM戦でも有効に活用出来るでしょうがその程度の能力の敵なら無くても充分
倒せるでしょう。グラバイを上手く活用すればスリップマラソンするにしても敵との接触を減らせるのでどうにかなる
場合がほとんどです。なのでクリム脚もあれば便利だけど無いからといって悲観する必要は有りません。

廃装備だから勝って当たり前、自分は廃人じゃないからロクな装備無いし負けて当然とか最初から諦めてないでとり
あえず挑んでみましょう。極端に強いNMで無ければやってみると意外とどうにかなるものです。実際自分の戦闘中も
わざわざ装備変更する度に装備画面なんか確認しないので動画見てる人でも詳細は分かってないと思いますが「あら
こんなもんなんだ」って装備が多いと思います。精霊撃つ時はレインボーケープ(プリズムじゃないです)だったり、指は
タマス+ボムクィーンだったり。廃装備じゃないと厳しいNMなんてアシュドラゴンとか極端に強いNM位です。
属性杖は全部NQ、他の装備もユニクロだらけでもUngurやApis、Amikiri等のランクなら確実に勝てると断言出来ます。
それ以上のNMだと装備云々より俗に言うPスキルという奴も必要になってくるので一概に装備だけで勝てる訳じゃない
です。裏を返せば腕前を磨けばユニクロ装備でも更に上のランクのNMでも倒せる訳です。

4:マクロを見直そう!
これは重要です。ソロNM専用のマクロを新しいパレットに作っても構わない位です。敵がNM1匹だけの場合は対象を
bt に変えたり、ブラインとか使わない魔法はマクロから排除しましょう(ブライン程度で効果が出る程度のNMなら使わ
なくても倒せるし、強力なNMならブライン+回避装備でも攻撃避けれないからどっちにせよ必要無い)。弱体魔法等も
セリフ抜けば1行装備変更マクロに費やせるのでフルに活用しましょう。空蝉等も相手の攻撃が早くてしかも接触が
ほぼ避けれない敵ならヘイスト+装備に切り替える必要があるのでキッチリ埋めておきましょう。ダスク装備をつける
場合はそのままだと足が遅いままなので空蝉を詠唱完了したらその部位は変更する様に。ガチなら問題無いですが
スリップマラソンの場合は致命的です。

他にも微妙に大きい要素としてコマンド一覧で表示されるリキャストがまだ0になって無くてもマクロだと使える事が
あります。コマンド一覧では0.02とか表示されててもマクロだと使用出来る事がたまにあります。これはどうもサーバ
から送られてくるリキャストデータと実際のリキャストにズレが発生する事があるからのようです。ようするにラグです。
なので理想を言えばどんなに些細な事も全てマクロ化する事です。当然そうなると複数のパレットに渡ってマクロで
埋まる事になるので切り替えや位置の記憶等をする羽目になりますが頑張って覚えましょう。
~実戦にあたって~
5:戦法について
主にソロNMでの戦法はガチかスリップマラソンの2極化になります。ガチは文字通り接近して殴り合う戦法の事です。
更にガチでも2通りあって普通のガチかエン削りかに別れます。普通のガチは単純にジュワ等でダメージを与えて
いく訳ですが当然敵のTPも溜まって倒すまでに何度もWSを撃たれる事になるでしょう。ソロだと1回食らうだけで致命傷
になるWSが多々あるので途中まで順調でも敵のWSによっては呆気なく崩れるという難点を抱えています。これを
乗り越える為に生まれた戦法がエン削り。エンダメは敵のTPを溜めないので通常攻撃のダメージを0に抑えてエンダメ
だけで削っていけば一度も敵にWSを使わせずに勝利する事が可能になるという訳です。これの難点はとにかく時間が
かかるので強い集中力が必要になるのと、大抵致命的なWSを持っているNMは攻撃力も攻撃間隔も早いのでWSを
使ってこなくても素で強い事です(ギーブルやアシュドラゴンetc)。

ガチは主に引き寄せがあって思うようにマラソン出来ない場合や、NMの弱体耐性が抜けるまでの時間稼ぎでやる事が
多いです。NMと接触して戦う分全体的にスリップマラソンより難易度が高いですが、最終的にはエン削りじゃないと
倒せなかったり、敵の数が多かったり様々な要素の関係でマラソンが出来ない(エルドナーシュetc)NMでも倒せる強み
があります。ガチの場合は装備の優劣や種類で大きな差が出やすいのでそういった意味でも上級者向けの戦法と言え
るでしょう。勿論ガチの最中でも建て直しの為にグラバイで一時的に距離を取るのも有効なので臨機応変に戦いましょう。

もう一つの戦法のスリップマラソンはグラバイを活用して距離を取りつつバイポイを入れてジワジワ削っていく戦法の事
です。寝るNMならスリップを入れずに精霊で削っても問題ないですが9割方の強いNMは寝ないので余り気にする事
はないでしょう。この戦法はNMとの接触が少ない分事故が起きにくいですが、グラバイのレジスト次第で戦況が変わる
場面が多々あるのが難点。またマラソンというだけあってある程度のスペースがあった方がいい訳ですが周りをアク
ティブな敵がうろついてたりして移動にも気を使わなければならない場面も多いです。NMによっては耐性がついてきて
最初は順調に入ってた弱体が途中から効かなくなる奴も居るのでその点も注意が必要です。なので耐性がついてきたら
ガチに切り替えたり、耐性がついた魔法を使わずにしばらく凌ぐ必要性も出てきます。主にフィールドに居るNMはグラ
ビデは耐性つくけどバインドはつかなかったり、ENMの敵は両方耐性がつき易い特徴があります。実はガチよりかなり
早く倒せたりする場合もあるので敵のHPや特性を調べてみてどっちが良いかを判断しましょう。

続:赤ソロ理論 ~実践編~

1:薬品を常備しろ

いきなり身も蓋も無い内容ですが、皆様も「何回やっても勝てない orZ やはり薬品持って行くべきかな?」的な台詞を
見たり聞いたりした事は有りませんか?垢樽に言わせれば

勝てないのに何故薬品を持っていかないのか分かりません

勿論薬品を使わずとも安定して勝てる相手にまで薬品を使えと言っている訳ではありませんが、何度やっても勝てない
or 勝てる自信が無い相手に薬品無しで何度も突っ込んでるのは勇気では無く無謀だと思います。これは個人のポリシー
に関わる部分でもあるので無理に薬品を持っていけとまでは言いませんが、勝てる可能性が上がる要素があるのに自ら
封印して戦っているのは自覚して下さい。薬品を使うと「薬品に頼ったみたいで嫌だ」と思う人も大勢いると思います。
垢樽もそう思う部分は勿論有りますが、そういうのは安定して勝てる様になってから思い始めればいい事で、最初の
内は勝つ為に全力を尽くせば良いんじゃないでしょうか。

薬品使っても勝ちは勝ち、使わずとも負ければ唯の負け


2:一度目標を定めたら連続して挑む

仮に一度挑んで負けてしまっても間を置かずなるべく早くリベンジした方が良いという事です。ENMは5日毎にしか行け
ないのでそれに順ずるしか有りませんが、ミッション等の特にトリガーを使わずに戦える奴や放置系のNMは一度負けたら
まず敗因を考えて戦法やマクロの見直しを行った後、すぐにまた再挑戦した方が良いです。個人の感覚次第ですがある
程度短いスパンで何度も挑戦すればその戦闘に慣れてくる筈です。これが1ヶ月とか間が空いてしまうとせっかく慣れ
始めていた感覚がリセットされてしまう可能性も大いに有り得ます。ネットを見回してもソロENM(Apis、Bugboy等)の
勝率が思ったより低いのはどう頑張っても5日1回しか挑戦出来ないからではないかな~と思います。時間に余裕があれば
是非とも負けてもへこまずに何度か挑戦してみて下さい。


3:重要な魔法やアビのマクロは押し易い所に配置する

これは垢樽のキーボードの性もあるかもしれませんが、明らかに押し易い所と押しにくい所が有ります。例えばCtrl+0の
マクロとかは1秒どころか0コンマ何秒の間の行動で生死が別れる場面において咄嗟に押せないのは非常に大きいマイナス
要因です。PT中などは大して気にならないかもしれませんが、ソロで自分しか居ない時にNMが自分の方へ猛スピードで
向かって来てる時にも常に冷静にパッと押しにくいマクロを押すのは難しいと思います。なので普段から余り使わない魔法や
アビ(ディスペル、コンバート)は暴発防止の為にも押しにくい所へ配置し、空蝉やグラバイ等の頻繁に使用して尚且つマクロ
を押すまでの一瞬の遅れが命取りになる様な重要なものは押し易い場所へ配置しましょう。

またそれと同時にマクロ全体でみた整合性もチェックしましょう。簡単な例でいえば精霊を撃つ時にear2をモルダバに
変えたとします。しかし他のマクロでear2の部分が無ければずっとモルダバがつけっ放しになってしまいます。精霊を
何発か撃った後にガチに切り替えた場合でもモルダバがつけっ放し・・・なんて事もあるかもしれません。装備欄で実際
に確認すればすぐ分かる事ですが、同じマクロをずっと使っててマクロだけで変更をしている場合はこの様な合理的で
ない結果が起きていても気がつかないかもしれません。一つ一つのマクロだけではなく、全体を見てマクロチェック
する事も重要です。

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2007/01/04(木) 23:54:13|
  2. 赤ソロ理論
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<近況報告 | ホーム | 明けましておめでとうございます! 1月3日追記>>

コメント

なんとな~く違う方向にいきましたg

直接的には関係無さそうな、記事になりましたが、
根底にある心構えの部分は、恐らく同じだと思うので、
ちょいトラックバック撃ってみました。

一応私の記事は負けた時の記事の書き方なんだけども、
ブログで公開するか、しないかを除けば、
負けた時の反省の仕方としては、あってると思うのでw
  1. 2007/01/07(日) 11:27:08 |
  2. URL |
  3. Maxil #izdUc8rE
  4. [ 編集]

未だにトラックバックって良く分かってなかったり・・・(;^ω^)b 
負けたときの反省は重要ですね~。自分も昔は頻繁にプリケツ晒してたので反省
の繰り返しでした(汗)敗北から得られるものは一杯あると思います( ^ω-)b
  1. 2007/01/07(日) 15:23:17 |
  2. URL |
  3. 垢樽 #sj93pB3o
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tarutarurdm.blog20.fc2.com/tb.php/279-392424f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

負けソロ時の記事の書き方

さて、そろそろリアルもブログ界も、通常モードになったかな。最近巡回してるブログを見てると、ソロを色んな人に普及しようとしてる動きがあるので、私もちょこっとばかし提言を。(やたら長くなったけどn)私が思うにソロのblogや攻略が増えないのは、先行者が余りにも偉
  1. 2007/01/07(日) 11:19:33 |
  2. 【ガルカ】【シーフ】【ソロ】【計り知れません】

プロフィール

垢樽(新宿White)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。