徒然なる垢樽人生 垢樽ヒストリー 第一弾 ~ヒューム誕生の巻~

徒然なる垢樽人生

最近は格闘技(カポエイラ&キックボクシング)にハマってます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

垢樽ヒストリー 第一弾 ~ヒューム誕生の巻~

ブログに書くまともなネタも無く、更新頻度が落ちているのも目に見えているのに
blogaccessrank1006.jpg

アクセスランキング4位(; ^ω^) まぁこちらは人気ブログランクと違い、そのカテゴリーの記事を書いた
ブログでアクセス数の高い物を無作為に抽出してるだけっぽいですが。4位でも次の日に10位になってたり
とか普通にありますlol まぁこのまま更新しなければ4位が10位、10位が15位、15位が~とどんどん落ちて
いくのは目に見えてますが、先日の記事で書いた通り垢樽の過去話で無理矢理更新する事にしますlol

Gilgamesh時代
垢樽がFF11を始めた理由はあってない様なものでした。その頃はプロフィールの下にあるやりこみ履歴を
見れば分かる様に、3Dアクションゲームに代表されるオフゲーにハマっていたからです。オフゲーを買い
やりこみをしてファミ通に送る→掲載されて5000ガバスゲットみたいな事を繰り返していました(笑)
ガバスなんて大学生になった今は紙キレ同然ですが、ガバスと交換で色々な物と交換出来たのでかなり
有益でした。PS2本体も4回掲載されるだけで交換出来る訳ですd(^ω^)b

そんな時たまたまPCを新しく買ったのでそのスペックを試す意味合いもあってFF11も同時に購入したのが
始まりでした。その頃はPSOにも飽きていたのとFF11はハイスペックでないと動かないみたいな話を聞いて
いたので、ニューPCでFF11が快適に動くかどうか試してみたいという気持ちが大きかったです( ^ω^)

FF11を最初に始めた時のキャラはヒュームでした。垢樽は元々魔法使い系のジョブには興味がない脳筋
丸出しタイプなのでタルタルは眼中に無く、エルガルはHPや力は高いけど不器用なイメージだったので
安定思考でヒュームになった訳です。1stジョブもオーソドックスに戦士、出身国はサンドと王道まっしぐらです。

実際にFF11を始めた最初の感想は「街が広い」!すぐにでも戦闘を始めたいのに出口が分からずサンド内を
ひたすらウロウロしていたり(笑)ただPSOのシンプルな作りのシティと違う広大なMAPに新鮮さを覚えたのも
事実です。まぁ今はその無駄な広さが鬱陶しいだけですがlol 何とか外に出て戦闘を始めた訳ですが、アク
ションゲーム厨だった当時の自分は

戦闘が単調過ぎる・・・!

これが真っ先に思った事です。敵の周りを必死にぐるぐる回っても全く意味もなく(笑)基本的には敵の前に
立ってオートアタックを繰り返すのみ。PSOみたいなディレイや武器による間合いやタイミング調整も無く
回復アイテムも気軽に使えないので最初の内は正に殴るだけ。そしてHPが減った後のヒーリングで頻繁に
戦闘を中断せざるを得ないなど、自分が上手くなれば成る程敵の攻撃を避けて尚且つその隙に攻撃を叩き
込むというアクション要素にハマっていた自分にはぶっちゃけて言うと不満だらけのゲームシステムでした。

しかしネトゲはレジストコード等の関係で中古として売る事も出来ないし、ソフト代+最初の課金を合わせて
8000円近い値段になるので始めてすぐ辞めるという訳にもいかず、とりあえず最初の1ヶ月だけやりこもう
と決めた訳です。幸い春休みが始まったばかりだったのでバイトや用事があるにしてもかなりの時間をFFに
つぎ込めましたlol

さすがに戦士が余りにも単調過ぎてLV10過ぎた当たりで飽きたので、少しはアクション(?)要素のあるシーフに
転職しました。シーフはとんずらを覚えるLV25まで上げたのですがそこで飽きてしまい、「どうせ戦闘が単調なら
自己回復出来る後衛を上げる方が良いのではないだろうか・・・・」と思い始め赤魔に転職した訳です。回復しか
出来ない白は興味無いし、攻撃しか出来ない黒も同様。赤なら両方使えて如何にもお得そうじゃないか!
サポは戦かシしか有りませんが d( ^ω^)b そして赤はLV30まで順調に育ちました。戦闘中に片手剣、短剣
片手根を持ち替えつつひたすらディアとストーンを連打する激しく糞キャラでしたが、当時は今程効率に厳しく
なかったので弱体を入れて回復もしっかりやってれば文句が出る事もほとんど有りませんでした。そして

赤30
シ25
戦12
黒7(赤のサポ用に上げようと思ったけど挫折w)


まで成長しました。しかしここで急遽このヒュームは短い生涯を終える事になるのでした・・・・・

垢樽ヒストリー 第二段へ

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2006/10/05(木) 22:57:36|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<垢樽ヒストリー 第二弾 ~垢樽誕生の巻~ | ホーム | 垢樽的週末>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tarutarurdm.blog20.fc2.com/tb.php/223-5a29c4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

垢樽(新宿White)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。