徒然なる垢樽人生 2009年10月

徒然なる垢樽人生

最近は格闘技(カポエイラ&キックボクシング)にハマってます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

徒然なるお買い物:CD編

昨日会社帰りにWindows7を購入した垢樽ですコンニチハ(● ´ω` ●) 垢樽はVista未経験なので、XP→7という流れです。
XPからだとクリーンインストールしか出来ないので、今週末はバックアップデータの移植とプログラムのインストール諸々で
終わりそうです。とりあえず64bit版を入れたので、メモリを4GB認識する事にちょっと感動したり(笑)

10月は9月に負けず劣らず買い物の多い月でした。Windows7にゲームにCDに漫画にと散財しまくりです。ゲームに関しては
面倒臭いので 別の記事で書こうと思いますが、アンチャーテッドの1&2にデモンズソウルを買いました。
更に月末に出るベヨネッタと鉄拳6も購入予定です。鉄拳6は本当に楽しみ!来週末は鉄拳漬けになるでしょう・・・(● ´ω` ●)


10月の購入予定(&済み)のCDは以下のとおり。

1:Double Flower - 橋本みゆき ※9月25日発売
2:星屑のキズナ - Lia
3:Arrival of Tears - 彩音
4:夢幻 - 水樹奈々
5:ai - 加瀬愛奈
6:HOPE - LOCAL SOUND STYLE


Double Flowerは実質「glorious days」と「恋桜」の2曲目当てに買いました。前からこの2曲はお気に入りだった
のですが、ようやくアルバム収録という事で首を長くして発売を待ってました(● ´ω` ●) ぶっちゃけどっちも
Fullでmp3持ってましたが、やっぱり無圧縮なCD音源で聞きたいじゃないですか。

プラシーボ効果上等!お布施Dont 故意!

他にもシングル曲が何曲も入ってるので、総合的に実にお得なアルバムです。

2,3,4はシングルですが、説明不要なアニソン界の重鎮ばかり。星屑のキズナは特にお勧め。

今回この6つの中で一番期待しているのは5の「ai」です。
垢樽が加瀬愛奈の存在を知ったのはニコ動で「君に続く軌跡」を聞いた時でした。君に続く軌跡を聞いた時は
「加瀬愛奈って初めて聞く名前だけど、良い曲歌ってるな~」位の印象でした。
しかし続いて「Growing」を聞いて「(● ´ω` ●)ウハ!めっちゃ良いやんけ!」といった印象に(笑)



Growingはシングルで出てますが、恐らくレンタルだと見つかりにくいと思うので買いましょう!

という訳で、Musicフォルダの容量が150GBを突破した今日この頃ですが,、相変わらずCD買ったり借りたりは止まりそうに有りません d(● ´ω` ●)b
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/10/24(土) 19:30:47|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さようなら9月、こんにちは10月

本当は9月中にもう1回位更新しようと思ってたのに、気がつけば既に10月だった垢樽ですコンニチハ(● ´ω` ●)

相変わらずゲームの方はさっぱりですが(MH3もHR50になった所で止まってたり・・・)、10月末に発売する鉄拳6が凄く楽しみ!
未だにたまに鉄拳5DRを遊んでる位なので、鉄拳6を買ったら色々と練習しようと思います。あとベヨネッタっていうDMCっぽい
ゲームも出るみたいです。てっきりカプコンだと思ってたけど違う模様。まぁ中身は面白ければどこのメーカーでも構いませんが。

さて、9月は川崎ラゾーナの109に2回映画を見に行きました。1回目は会社の同期と「X-MEN ZERO」を。 感想としては

ヒュー・ジャックマンカッコイイ!!

といった所で、後は可も無く不可も無く(● ´ω` ●) 垢樽はX-MENが特に好きという訳でも無いので、元ネタとかも
詳しく知らないし、純粋なアクション映画として見てました。ラスボスは見た目がショボイ奴でしたが、中々チートな性能
をお持ちで、ラストのバトルシーンは結構見応えが有りました。決着がちょっとあっさりしてた感は有りましたが・・・
何というか、とにかく無難な出来というのが正直な感想。つまらなくは無いけど、映画館で見て良かった!と思うかと
言うと微妙、といった何とも中途半端な感想でした。

ドゥームズデイ
そして2回目は「ドゥームズ・デイ」。死のウィルスが蔓延して隔離された区域に、特殊部隊が乗り込んでワクチンを
持ち帰る、といったお話です。実はX-MENを見に行った時に壁に貼ってあるポスターを見て初めて存在を知った程で
前情報とかさっぱり知りませんでしたが、「死のウィルス」という単語、そしてポスターに載ってる明らかに普通じゃない
人々!ゾンビ物では無さそうでしたが、最近映画館でスプラッタ系を全く見ていなかったので、ここぞとばかりに大学時代の
友人達を誘って再度ラゾーナへ。とある合言葉を言ったら1000円で見れてラッキーでした( ^ω^)

・ローナ・ミトラさんマジカッケーっす
・とにかくグロイ!
・ほ・・・北斗の拳・・?
・カーチェイス、マジぱねえっす!


グロくて突っ込み所は無数に有るけど爽快、という正しいB級スプラッタとはかくあるべし、と言ってもいい出来でした(● ´ω` ●)b  

ローナ・ミトラ主演の女主人公(エデン)が凄くかっこいいです。コロシアムでの戦闘シーンは、台詞もアクションも
男優顔負けのかっこよさ。Blu-ray購入が確定した瞬間でした(笑)戦闘シーンもさる事ながら、他のシーンも
台詞やアクションが実にキマってます。完全に人間離れしちゃったバイオハザードのアリス(ミラジョヴォビッチ)なんかより
断然カッコ良かったです。

グロシーンはかなり気合入ってると思います。この間の記事で書いたジェイソンのリメイクの比じゃ有りません。
暴徒に捕まった特殊部隊員が生きたまま焼かれて、それを暴徒達が食っていくシーンなんてのも有ります。

しかし、ただグロイだけじゃなく、全編通して笑えるシーンがそこかしこに散りばめられていて「グロくて笑える」という
垢樽的なスプラッタ映画の理想形でした。

この手のお馬鹿なノリを許容出来るか否かで大分評価が分かれると思いますが、垢樽的には久しぶりにスカッとした
気分になれました。

こちらのサイトで簡潔かつ面白い批評がされているので、これを見て少しでも興味を持ったら映画館へGO!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2009/10/11(日) 23:04:11|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

垢樽(新宿White)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。